1. ホーム
  2. 社会
  3. 資源エネルギー庁長官賞受賞 金属加工機械大手のアマダ

資源エネルギー庁長官賞受賞 金属加工機械大手のアマダ

社会 神奈川新聞  2016年02月19日 15:21

表彰式に出席した磯部社長(右から2人目)ら(同社提供)
表彰式に出席した磯部社長(右から2人目)ら(同社提供)

 金属加工機械大手のアマダホールディングス(伊勢原市)はこのほど、高い省エネ性能を持つファイバーレーザーマシンと呼ばれる板金加工機械で、「第36回優秀省エネルギー機器表彰」(主催・日本機械工業連合会)の資源エネルギー庁長官賞を受賞した。13件の表彰のうち、県内企業は同社のみ。2月上旬の表彰式には磯部任社長らが出席し、環境に配慮した製品開発への思いを新たにした。

 受賞は、「変種変量・ワイドレンジ対応ファイバーレーザマシン ENSIS-AJシリーズ」。従来から普及するCO2レーザーマシンより省エネ性に優れるファイバーレーザーマシンを独自に改良し、既存のファイバー機との比較で約39%の省エネ効果を実現した。レーザー光を出す特殊な発振器と呼ばれる機器も自社開発し、さまざまな板厚への対応や自動化など実運用面でも工夫が多いという。


シェアする