1. ホーム
  2. 社会
  3. 6800万円詐取される 川崎の60代男性

6800万円詐取される 川崎の60代男性

社会 神奈川新聞  2016年02月19日 02:00

 川崎市中原区に住む60代の会社員の男性が17日、有料サイトの未払い料金名目などで、現金約6800万円をだまし取られた、と中原署に届け出た。同署が架空請求詐欺事件として調べている。

 同署によると、昨年12月21日、インターネットサイト運営会社の担当者を装った男から、「有料サイトの未払い料金がある」などと携帯電話にメールが届いた。男性は4万円相当の電子マネーのIDを教えた。

 翌日には、弁護士を名乗る男から「他にも未納があり訴訟を起こされそうだ。取り下げには800万円必要」「口座を差し押さえられる前にお金を下ろして送金して」などと現金を要求する電話があった。

 男性は今年1月21日までの間に計3回にわたり、静岡県や都内の指定された住所に、現金計6800万円を宅配便で送付した。


シェアする