1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 時代の正体〈261〉日本会議を追う(3) 失った自立取り戻す

時代の正体〈261〉日本会議を追う(3) 失った自立取り戻す

時代の正体 神奈川新聞  2016年02月18日 09:23

県民の会結成1周年記念大会の会場でスタッフに来場者の誘導を指示する木上さん=横浜市開港記念会館
県民の会結成1周年記念大会の会場でスタッフに来場者の誘導を指示する木上さん=横浜市開港記念会館

 神道政治連盟神奈川県本部本部長の石川正人さん(63)が県内で40万人の署名を集めると気勢を上げた「憲法改正を実現する神奈川県民の会」の結成1年を祝う会。鎌倉市在住の木上和高さん(69)は感慨深げにつぶやいた。

 「これほどの人が集まるなんて」

 2015年10月31日、横浜市開港記念会館(横浜市中区)のホールを約600人の参加者が埋めていた。

 日本会議神奈川の副運営委員長である木上さんには県民の会を全国に先駆けて発足させたという小さくない自負があった。

 「『美しい日本の憲法をつくる国民の会』の地方組織はみな『美しい日本の憲法をつくる○○県民の会』という名称だ。神奈川だけは違う。それは本部に当たる『国民の会』発足とほとんど並行して準備を進めてきたからだ」

 会の発足に向けて動き始めたのは13年12月ごろ。

 「安倍政権は長期政権になると見込んだ。自民党の党是である改憲をここで実現しなければならない。改憲というテーマで結集するため、日本会議からさらに大きな組織をつくる必要がある

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする