1. ホーム
  2. 社会
  3. 広がる「学びの場」10年の歩み一冊に 市民アカデミー

広がる「学びの場」10年の歩み一冊に 市民アカデミー

社会 神奈川新聞  2016年02月14日 17:31

かわさき市民アカデミーの歩みをつづった「市民アカデミー 学びひろがり 深まる」
かわさき市民アカデミーの歩みをつづった「市民アカデミー 学びひろがり 深まる」

 NPO法人かわさき市民アカデミー(川崎市中原区今井南町、藤嶋昭理事長)は、来年の法人発足10年を前に紹介本「学びひろがり深まる」を北野書店(幸区鹿島田、北野嘉信社長)の協力で発行した。昨年末に認定NPO法人に認定されており、「今後も誰でも参加できる市民大学の同アカデミーでの生涯学習の輪を広げていきたい」という。

 本では、藤嶋理事長と福田紀彦市長の対談をはじめ、ユニークな「川崎学」やさまざまな団体と協働して行う「地域協働講座」など、アカデミーの概要や歴史などを説明している。A5判103ページ、千部発行し、定価は800円(税別)

 アカデミーは1993年10月に市生涯学習振興事業団(現・市生涯学習財団)によりスタート。NPO法人かわさき市民アカデミーが2007年4月に発足し、運営参加のための準備を進め、11年4月から協働で運営するようになった。現在、年間延べ約6500人が利用するようになった。


◆受講生を募集
 NPO法人かわさき市民アカデミーは19日まで、4月から始まる2016年度前期講座の受講生を募集している。

 開講されるのは、現代事情や川崎学(自然、まち歩き、歴史)、政治・経済、音楽など53講座(ワークショップ含む)。大学教授や地域史研究家、ミューザ川崎を拠点にする東京交響楽団のメンバーらが講師を務める。

 受講は18歳以上(市外在住可)。受講料は2160~1万8360円。12日午後1時半から、ミューザ川崎(川崎駅西口)で説明会を兼ねた無料講演会「京急線が歩んだ道のり」も開催する。問い合わせは、同アカデミー電話044(733)5590=平日午前9時~午後4時。


シェアする