1. ホーム
  2. 経済
  3. SC相模原×イオン 提携WAON発行 一部は地域振興に

SC相模原×イオン 提携WAON発行 一部は地域振興に

経済 神奈川新聞  2016年02月13日 02:00

カードのデザインを披露するスポーツクラブ相模原の望月会長(右)とイオンリテールの梅本会長=イオン相模原店
カードのデザインを披露するスポーツクラブ相模原の望月会長(右)とイオンリテールの梅本会長=イオン相模原店

 流通大手のイオンは12日、サッカーJ3のSC相模原を運営するスポーツクラブ相模原と提携し、電子マネー「大好きSC相模原WAON(ワオン)」を発行すると発表した。発行はJ3リーグが開幕する3月13日から。

 全国約24万カ所のWAON加盟店で利用すると、利用金額の一部が、同クラブが取り組むスポーツ振興や環境保全など地域振興活動への協賛金として役立てられる。スポーツクラブ相模原の望月重良会長とイオンリテールの梅本和典会長がイオン相模原店(相模原市南区)で2月12日に会見。望月会長は「イオンとともに地域を盛り上げていきたい」と意気込みを語り、梅本会長は「ショッピングセンターをチームのいろいろな活動の場として提供したい」と話した。

 発行手数料は300円。3月13日にホームゲーム会場の「相模原ギオンスタジアム」(同区)で先行販売し、その後県内のイオンなどで順次売り出すという。

 「サッカー大好きWAON」は、これまでに横浜FCや湘南ベルマーレなど11チームと提携し発行している。


シェアする