1. ホーム
  2. 社会
  3. 生存女性と和解成立 笹子トンネル事故訴訟

生存女性と和解成立 笹子トンネル事故訴訟

社会 神奈川新聞  2016年02月09日 02:00

 山梨県の中央自動車道笹子トンネル天井板崩落事故で、死亡した男女5人と同じワゴン車に乗っていた神奈川県内の女性が、トンネルを管理する中日本高速道路(名古屋市)と点検担当の子会社、2社の当時の役員4人に約2600万円の損害賠償を求めた訴訟は8日、横浜地裁(市村弘裁判長)で和解が成立した。遺族側によると、和解条項の内容などは非公表。

 女性は亡くなった5人の友人で、2012年12月の事故当時、車内から脱出したもののけがを負った。14年2月に提訴、今月16日に判決言い渡しが予定されていたが、和解成立によって判決期日は取り消しとなった。

 和解成立を受け、中日本高速は「ご遺族の皆さまおよび被害に遭われた方々に対し、深くおわび申し上げます」などとコメントした。

 事故をめぐっては、昨年12月に横浜地裁が2社の過失を認め、2社に対して死亡した男女5人の遺族に計約4億4千万円の支払いを命じた判決が確定している。

 また、5人の遺族が2社の当時の役員4人に2400万円の損害賠償を求めた別の訴訟もあり、判決は今月16日に言い渡される。


シェアする