1. ホーム
  2. 社会
  3. 鎌倉市幹部「セクハラ」 女性職員2人が訴え

鎌倉市幹部「セクハラ」 女性職員2人が訴え

社会 神奈川新聞  2017年01月18日 02:00

 鎌倉市の女性職員2人が市の男性幹部からセクハラ行為を受けたと訴え、市がこの幹部を別の部署に異動させていたことが分かった。市は外部の弁護士による調査を続ける方針。

 市によると、女性職員2人は昨年7月、上司であるこの幹部から誘われた酒席の2次会で性的な言動があった、と申し出た。別の部署の男性幹部も同席し、計4人だった。

 女性職員2人は現在、臨床心理士のカウンセラーからケアを受けている。一方、セクハラをしたとされる幹部は市の調査に対し「泥酔していた」などと答えたという。

 市は「主張が食い違い、(セクハラの)事実認定ができなかった」とした上で、「訴えを受けるような状況をつくった責任がある」として幹部2人を厳重注意とした。また「職場上の配慮」として、セクハラをしたとされる幹部を昨秋、別の部署に異動させた。


シェアする