1. ホーム
  2. 話題
  3. 市民大学で成果発表

市民大学で成果発表

話題 神奈川新聞  2016年02月07日 02:00

台湾少年工について講演する石川公弘さん=ハーモニーホール座間
台湾少年工について講演する石川公弘さん=ハーモニーホール座間

 座間市の生涯学習学級「あすなろ大学」の生徒が1年間の活動成果をまとめ、ハーモニーホール座間(同市緑ケ丘)で発表している。7日まで。

 5月から翌年3月までの通年学級で、同市立東地区文化センター(同市東原)を拠点に活動。28年目の今期は60~88歳の197人が思い思いの課題に取り組み、計39テーマについて展示形式で発表している。

 市内の戦跡や自らの戦争体験といった「戦後70年」にちなむ研究が目立ち、振り込め詐欺対策や健康法のような高齢者らしいテーマもある。生徒は3月までに、レポートを仕上げて修了する。

 6日には、市内にあった高座海軍工廠(こうしょう)で戦闘機生産に従事した台湾の少年工について学ぶ特別講座も開かれた。「高座日台交流の会」会長の石川公弘さん(81)が講師を務め、少年工が暮らした寄宿舎や、口ずさんだ母国の軍歌を紹介した。

 展示は、午前10時~午後3時半。問い合わせは、同センター電話046(253)0781。


シェアする