1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 辻選手、県勢歴代最高7位 全国中学校スキー・女子大回転

辻選手、県勢歴代最高7位 全国中学校スキー・女子大回転

スポーツ 神奈川新聞  2016年02月05日 14:04

神奈川勢で歴代最高の7位入賞を果たした辻(梅田)=北海道富良野市
神奈川勢で歴代最高の7位入賞を果たした辻(梅田)=北海道富良野市

 全国中学校スキー大会は4日、北海道富良野市などで行われ、女子大回転で辻朱夏(茅ケ崎・梅田)が1分47秒20をマークして7位に入った。県中体連によると、同大会で神奈川勢の歴代最高位という。

 辻は1本目で52秒61を記録して6位につけ、2本目は54秒69だった。神奈川勢の選手は、1998年の10位が最高だった。

 ▽女子大回転 (7)辻朱夏(梅田)1分47秒20(52秒61、54秒59)(90)佐藤唯(茅ケ崎)2分7秒86(1分1秒78、1分6秒08)(113)深栖風花(湘洋)2分19秒57(1分7秒77、1分11秒80)(114)小見ちさと(串川)2分20秒08(1分11秒66、1分8秒42)、坂本華音(あざみ野)=2回目途中棄権

快挙も悔しさにじませ

 女子大回転で7位入賞した辻は神奈川勢歴代最高の快挙にも、「優勝を目指していたので悔しい。勝ちたかった」と笑顔はなかった。

 1本目は52秒61を記録して6位につけたものの、勝負の2本目で「スタートしてすぐのターンで転びそうになってしまった」と、思うように加速できなかった。2本とも納得のいく滑りではなかったという。上位6人が全員1、2年生だったことも気になるようで、「年下に負けたのが悔しい」と負けん気の強さをのぞかせた。

 スキー歴は約10年。小学校6年のときにはジュニア五輪の大回転で優勝したこともある。これまでは週末などに長野県まで行って練習を積んできたが、今春からは「ワールドカップで上位を狙いたい」という夢に向け、福井県内の高校に進学する。

 6日には「今季は調子がいい」という回転が控える。15歳は「今日は悔しい思いをしたので、次は勝ちたい。練習通りに自分のベストの滑りで優勝を狙っていく」と意気込んでいた。

全国高校大会 青森で開幕

 第65回全国高校スキー大会は4日、青森県弘前市の青森県武道館で開会式が行われ、開幕した。

 大会スローガンは「きらり光れ 津軽の雪原 われらが青春」。出場選手を代表してアルペン男子に出場する青森・東奥義塾の山田椋喬主将が「雪不足の中、高校日本一を決めるのにふさわしい舞台を用意してくれた方々に感謝し、正々堂々戦うことを誓います」と宣誓した。

 競技は5日に青森県大鰐町で始まり、8日まで開催される。男女のアルペンと距離、男子の複合とジャンプが行われ、ジャンプ女子は公開競技として実施される。


シェアする