1. ホーム
  2. 社会
  3. 元事務局長に罰金の略式命令 相模原市議選白票数改ざん

元事務局長に罰金の略式命令 相模原市議選白票数改ざん

社会 神奈川新聞  2016年02月05日 02:00

 昨年4月の相模原市議選南区選挙区で白票数が改ざんされた事件で、横浜簡裁は4日までに、公職選挙法違反(投票増減)の罪で略式起訴された同区選挙管理委員会の元事務局長(60)に罰金30万円、元次長(57)に罰金20万円の略式命令を出した。略式起訴・略式命令は3日付。一方、神奈川県警が同容疑で書類送検した元副主幹=当時(53)、昨年12月に死亡=は容疑者死亡で不起訴処分となった。

 起訴状によると、2人は共謀し、同選挙区の開票作業終盤で実際の投票総数が投票者総数より6票多かったことからつじつまを合わせることを考え、白票を8票少なくするとともに有権者が持ち帰った票数に2票を加え投票数を減少させた、とされる。

 略式命令を受け、市は今後、懲戒処分について検討するという。市選管事務局は「現時点で事実確認できていないが、事実であれば厳粛に受け止めなければならない。同じような事態が二度と起きないよう、再発防止に努めたい」とコメントした。

 改ざんは、同選挙区で最下位当選者に0・661票差で次点となった候補の異議申し出を受けて行われた一部の票の再点検で発覚。市選管が昨年8月、同容疑で県警に告発していた。

 投票数の改ざん問題では、2014年の衆院選開票作業で仙台市青葉区選管が白票数を水増しするなどし、当時の選挙課長が罰金50万円、係長が罰金40万円の略式命令を受けた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  8. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  9. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  10. 【写真特集】台風15号の被害状況