1. ホーム
  2. 話題
  3. 本場ハワイの味わいを 来月、横浜に初出店

本場ハワイの味わいを 来月、横浜に初出店

話題 神奈川新聞  2016年02月04日 09:51

「カカアコ・ダイニング・アンド・カフェ」の店舗外観イメージ(タツミプランニング提供)
「カカアコ・ダイニング・アンド・カフェ」の店舗外観イメージ(タツミプランニング提供)

 住宅関連事業を展開するタツミプランニングの子会社「タツミフードサービス」(横浜市西区)は3月4日、横浜・みなとみらい21(MM21)新港地区で同日開業する商業施設「MARINE&WALK YOKOHAMA(マリンアンドウォーク ヨコハマ)」内に横浜初出店となるハワイアンレストランをオープンする。最新のハワイカルチャーを楽しめる店を目指す。

 店舗名は「カカアコ・ダイニング・アンド・カフェ」。約245平方メートルで81席。客単価は3千円~5千円を想定し、初年は約2億円の売り上げを目指す。

 同社によると、カカアコは「第2のワイキキ」ともいわれるハワイ・オアフ島の地区。もとは倉庫街だったが、カラフルなグラフィックが描かれるなどクリエーターが集うアートな街としても注目されている。同店ではカカアコの空気を感じられるよう、フードとアート、音楽の融合をコンセプトに据える。

 メニューはロコモコやガーリックシュリンプなどの定番料理を基本に、ハンバーガーやパンケーキといったカフェメニューも加える予定だ。また、ハワイカルチャーの発信地となることを目指し、フラダンスやハワイアンミュージックのイベントも開催予定。店内にはハワイの守り神をモチーフにした柱や植物を配置し、壁面にはオリジナルアートを施す。ハワイの有名店「カメハメハベーカリー」も併設する。

 1991年創業のタツミプランニングが飲食事業に参入したのは2年前。住宅関連事業で培った経験を生かしながら暮らしの基本となる「食」を提供するタツミフードサービスを設立。昨年1月に1号店となるハワイアンダイニングを東京・渋谷区にオープンし、今回は2店舗目。広報の松浦慎子さんは「まるで本場にいるような空間で、多彩なロコフードを楽しんでほしい」と話している。

 問い合わせは、タツミプランニンググループ広報電話045(664)7800。


シェアする