1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 監督責任、肝に銘じる 甘利前大臣辞任で福田川崎市長

監督責任、肝に銘じる 甘利前大臣辞任で福田川崎市長

政治行政 神奈川新聞  2016年02月03日 02:00

 川崎市の福田紀彦市長は2日の定例会見で、金銭授受問題をめぐる甘利明前経済再生担当相の辞任を受け、「私も市長就任後は個人事務所に行くことがほとんどないが、最終的に管理監督責任は問われる。肝に銘じたい」と述べた。

 福田市長は、甘利前大臣の辞任について「TPP(環太平洋連携協定)でも活躍した力量ある政治家だから、こんな形で辞任したのは残念に思う」と感想を述べた。自らの事務所の対応を問われ、「甘利大臣の一件で、政治資金などあらためて自らの事務所の管理監督責任を注意しなければいけないと思った」と語った。

 支援者から市政全般に関する問い合わせや依頼も多いといい、福田市長は「市長なら何とかなるのでは、と勘違いしている人がびっくりするくらい多い。でも変に期待されてもトラブルのもとなのでその場でお断りするようにしている」と対応の一端を明かした。


シェアする