1. ホーム
  2. スポーツ
  3. ホームストレート(下)世界の舞台立ち成長 恩師超えへ五輪挑む

ヒストリー・25歳の大学生、小林直己
ホームストレート(下)世界の舞台立ち成長 恩師超えへ五輪挑む

スポーツ 神奈川新聞  2016年01月28日 09:56

高野監督(右)から指導を受ける東海大の小林=平塚市の東海大湘南キャンパス
高野監督(右)から指導を受ける東海大の小林=平塚市の東海大湘南キャンパス

高野監督(右)から指導を受ける東海大の小林=平塚市の東海大湘南キャンパス
高野監督(右)から指導を受ける東海大の小林=平塚市の東海大湘南キャンパス

 日大藤沢高陸上部でコーチを務めて2年目、小林直己は本気で陸上に向き合っていた頃の自分を取り戻し、大学を進学することを決断した。

 「最高の指導者の下でどれだけできるか挑戦したい。これを逃したら、もうチャンスは二度と来ない」。頭に浮かんだのは、1991年の日本選手権男子400メートルで44秒78を出し、いまだ破られていない日本記録を持つ高野進(54)。日本の第一人者が陸上部監督として教えている東海大しかなかった。

 コンピューター関連の職に就いていた経験もあり、小林は工学部を志望し、自己推薦制度で合格を果たした。清掃業のアルバイトで学費を賄いながら、念願だった高野の教えの下でトレーニングを開始した。



 入学前に「やる気だけはあります。でも、お金はありません」とあいさつに訪れていた、その年に23歳になる新入生を、高野は記憶の片隅ではあったが、以前から知っていたという。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする