1. ホーム
  2. 政治行政
  3. ふるさと納税枠で24人 三浦国際市民マラソンにエントリー

ふるさと納税枠で24人 三浦国際市民マラソンにエントリー

政治行政 神奈川新聞  2016年01月26日 02:00

 三浦市は25日、今回の三浦国際市民マラソン(3月6日開催)で新たに設けた「ふるさと納税特別エントリー枠」の状況をまとめた。5万円以上の寄付で1人分のエントリー権を進呈する特別枠を、北海道や東京など県内外の24人が利用した。寄付金額は10万円の1人を含め、計125万円だった。

 同市事務局によると、特別枠に40人の応募があったが、寄付金額に参加料も含まれると勘違いした人などがいたため、実際にふるさと納税をした人数は減った。ただ、「初めての試みで、まずまずの応募状況」と見ており、「エントリー誤りがないよう方法を改善し、次回以降も特別枠を設けたい」としている。

 ふるさと納税は、生まれ故郷や応援したい自治体に寄付すると税額控除が受けられる制度。市事務局は2月中旬、参加者(各種目合計の定員1万人)に向けてナンバーカードを送付するが、市へのふるさと納税の案内も同封する。


シェアする