1. ホーム
  2. 話題
  3. 障害者問題コミカルに 来月、上映会

障害者問題コミカルに 来月、上映会

話題 神奈川新聞  2017年01月16日 10:58

 ダウン症の兄と発達障害の弟による“泥棒行脚”をコミカルに描いた映画「39(サンキュー)窃盗団」の上映会が2月11日、ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(横須賀市本町)で開かれる。「横須賀ダウン症児者の会 つくしの会」の主催。

 タイトルの「39」は「心神喪失者の行為は、罰しない」などと定めた刑法39条を指す。累犯障害者の弟はある日、知人の振り込め詐欺グループのリーダーに「お前の兄貴は、刑法39条があるから、刑務所に入らなくていい」とそそのかされ、だまされていると知らずに兄たちを連れて泥棒の旅に出る。

 主演の兄役は、押田興将監督の実弟で、ダウン症の清剛さんが演じている。主催者は「気軽に楽しめるコメディータッチの中にある社会的な問題を感じてもらえれば」と話している。

 入場無料。午後1時45分からで、上映後には監督トークも。問い合わせは、同会の若林千波さん電話046(827)8427。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会