1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「改憲の話ができるようになった」 横浜の派閥研修会で麻生副総理

「改憲の話ができるようになった」 横浜の派閥研修会で麻生副総理

政治行政 神奈川新聞  2016年08月29日 02:00

講演する麻生副総理兼財務相=横浜市内のホテル
講演する麻生副総理兼財務相=横浜市内のホテル

 麻生太郎副総理兼財務相は28日、横浜市内で開いた自民党麻生派(為公会)の研修会で講演し、先の参院選について「参院でも、結党時から訴えてきた憲法改正を上程できる人数をほぼ確保できた。保守でもリベラルでも共産党でも、テーブル上で憲法改正の話ができるようになったことが一番大きい」と指摘した。

 神奈川選挙区で同派所属の県内国会議員が主力となって支援し、当選を果たした当時無所属で自民党推薦(後に追加公認)だった中西健治氏にも触れ「党公認候補に対抗して立てる形に追い込まれたが、きっちり4枠目で当選し、喜ばしい限り。党が単独過半数を得る意味でも大きな意義があった」と評価した。

 派閥の旗揚げから10年の歩みを振り返り、「スタート時に比べメンバーは約3倍になった。今後とも日本をまともな方向に導けるよう、安倍政権、自民党の中心で頑張ろう」と結束を呼び掛けた。

 県内の麻生派国会議員は5人。先の内閣改造、党役員人事では松本純氏(衆院1区)が国家公安委員長として初入閣したほか、河野太郎氏(15区)が党行政改革推進本部長に復帰。中堅議員も政府や党の役職に起用され、存在感を示している。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕