1. ホーム
  2. 社会
  3. がん最前線 重粒子線治療(上)「世界中の患者に福音」

がん最前線 重粒子線治療(上)「世界中の患者に福音」

社会 神奈川新聞  2016年01月10日 10:42

重粒子線治療棟の開棟式であいさつをする土屋理事長=昨年12月5日、県立がんセンター
重粒子線治療棟の開棟式であいさつをする土屋理事長=昨年12月5日、県立がんセンター

 県立がんセンターで重粒子線治療が始まる。世界をリードする研究と技術を誇る日本にあって、国内の治療施設をけん引する役割が期待されている。

 昨年12月、県立がんセンター(横浜市旭区)で行われた重粒子線治療棟「i(アイ)-ROCK(ロック)」の開棟式。がんの患者会「コスモス」で世話人代表を務める緒方真子さん(68)=同区=の姿があった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする