1. ホーム
  2. 話題
  3. 商売繁盛、豊漁願い 水産卸売市場で初市式

商売繁盛、豊漁願い 水産卸売市場で初市式

話題 神奈川新聞  2016年01月06日 02:00

初競りが行われた小田原市公設青果地方卸売市場=同市酒匂
初競りが行われた小田原市公設青果地方卸売市場=同市酒匂

 小田原市早川の市公設水産地方卸売市場で5日、初市式が行われ、関係者が新年の豊漁や商売繁盛を祈願した。

 午前5時半から始まった初競りでは、サバやイナダ、スルメイカなど、小田原漁港で水揚げされたばかりの魚を仲買人が次々と競り落とした。

 初市式では、加藤憲一市長が「昨年はブリの豊漁をはじめ、小田原の地魚加工品ブランド『小田原城前魚(しろまえざかな)』も広がった。小田原の水産業のさらなる飛躍にお力添えいただきたい」とあいさつ。魚市場や漁業協同組合、仲買人、行政などの関係者が一斉に手締めをした。

 また、市公設青果地方卸売市場(同市酒匂)の初競りでも、ダイコンやキャベツなど地元産を含むさまざまな青果が競りにかけられ、威勢よい掛け声が響いた。


シェアする