1. ホーム
  2. 経済
  3. 県内企業・経済団体が仕事始め 成長へ決意新た

県内企業・経済団体が仕事始め 成長へ決意新た

経済 神奈川新聞  2016年01月05日 02:00

御用始め式に臨み、職員に訓示する横浜商工会議所の上野会頭(左端)=横浜市中区
御用始め式に臨み、職員に訓示する横浜商工会議所の上野会頭(左端)=横浜市中区

 県内では4日、多くの企業や経済団体が仕事始めを迎えた。景気の回復基調が続く中、トップらの年頭あいさつでは意気(いき)軒昂(けんこう)な声が上がり、それぞれ成長への決意を新たにした。

 「今年は社運をかけた勝負の年」と意気込んだのはファンケル(横浜市中区)の池森賢二会長。売り上げは中国人観光客らの「爆買い」に支えられている面もあるといい、「まだ本当の実力ではない。今年は『本当の実力を取り戻す年』にしたい」と力を込めた。


 横浜銀行(同市西区)は4月に東日本銀行と経営統合し、持株会社「コンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)」を設立する。寺澤辰麿頭取は「(新組織に)魂を注入する作業を入念に進め、円滑にスタートしなければならない。(名前に込めた思いのように)協調・協働の精神を発揮できるよう準備していこう」と呼び掛けた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする