1. ホーム
  2. カルチャー
  3. あぶ刑事、金の名車を展示 ショットガン、歴代台本も

あぶ刑事、金の名車を展示 ショットガン、歴代台本も

カルチャー 神奈川新聞  2016年01月05日 02:00

「さらばあぶない刑事」の公開記念企画として展示中の日産・レパード=横浜市港南区
「さらばあぶない刑事」の公開記念企画として展示中の日産・レパード=横浜市港南区

 30日に全国公開される映画「さらばあぶない刑事(デカ)」の記念企画が、京急百貨店(横浜市港南区)で開催されている。テレビドラマの放映開始から30年。横浜を舞台にした作品だが、今回がシリーズ最後となる。同店は、映画の中で使用された日産自動車の名車・レパードなどを展示。「横浜を盛り上げたい」と話している。

 同店の開店20周年記念企画の一環。1階の京急上大岡駅改札前特設会場では、主演の舘ひろしさん、柴田恭兵さんが、数々のカーアクションを繰り広げてきた金色のレパードが飾られている。


 隣接する商業施設「ウィング上大岡」との連絡通路(3階)では、舘さんがバイクアクションをこなしたハーレーダビッドソンのほか、ショットガン、歴代作品の台本など、貴重な品を展示。作品の歴史を紹介したパネル展も行っている。

 企画展は2日に始まり、連日、大勢のファンが詰めかけている。担当者は「予想以上に遠方からのお客さんが多く、根強い人気を実感している。映画公開を機に横浜が盛り上がっていけば」と話している。レパードは6日、ハーレーは11日、パネル展は13日まで。


シェアする