1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 怪物健在、井上尚2回TKO 瞬きをする間も与えず

怪物健在、井上尚2回TKO 瞬きをする間も与えず

スポーツ 神奈川新聞  2015年12月30日 02:00

2回、ワルリト・パレナス(左)を攻める井上尚弥=有明コロシアム(共同通信)
2回、ワルリト・パレナス(左)を攻める井上尚弥=有明コロシアム(共同通信)

 国際ボクシング連盟(IBF)と世界ボクシング機構(WBO)のダブル世界戦各12回戦は29日、東京・有明コロシアムで行われ、IBFライトフライ級8位の八重樫東(大橋)が王者ハビエル・メンドサ(メキシコ)に3-0で判定勝ちし、亀田興毅、井岡一翔(井岡)に続く日本選手3人目の世界3階級制覇を達成した。

 WBOスーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は右拳を故障した昨年末の世界戦以来の試合で、同級1位ワルリト・パレナス(フィリピン)に2回1分20秒TKO勝ちで初防衛に成功した。

 八重樫は終始攻勢で、ジャッジの採点は120-107、119-109、117-111で完勝だった。井上尚は2回に2度のダウンを奪うなど圧倒した。

 戦績は32歳の八重樫が28戦23勝(12KO)5敗、24歳のメンドサは28戦24勝(19KO)3敗1分け。22歳の井上尚は9戦9勝(8KO)、32歳のパレナスは32戦24勝(21KO)7敗1分け。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする