1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 芸術の街・新百合ケ丘を紹介 川崎の出版社がガイド

芸術の街・新百合ケ丘を紹介 川崎の出版社がガイド

カルチャー 神奈川新聞  2015年12月30日 02:00

新百合ケ丘駅周辺の情報を集めたガイドブック「新百合ケ丘の本」をPRする地元出版社の社員ら=川崎市麻生区
新百合ケ丘駅周辺の情報を集めたガイドブック「新百合ケ丘の本」をPRする地元出版社の社員ら=川崎市麻生区

 川崎市麻生区の出版社が、小田急線新百合ケ丘駅周辺の情報をまとめたガイドブック「新百合ケ丘の本」の第3弾を出版した。飲食店や小売店、美容院など新たに取材した約200軒を中心に、まちの特色でもある芸術分野の取り組みも紹介している。出版社は「フリーペーパーの取材で地域を走り回っているからこそ、見つけられた店も多い。毎日の暮らしに役立つはず」とPRしている。

 出版したのは、地元のフリーペーパー「ミスモ」などを発行している「インクルーブ」。ガイドブックは2005年に第1弾、10年に第2弾を発行しており、5年ぶりに第3弾を発行した。同駅周辺の登戸や町田、あざみ野方面も対象にして情報を集めた。

 巻頭特集では、音楽や美術、映画関係の文化施設が点在する「芸術の街」としての新百合ケ丘を紹介。日本映画大学長でもある映画評論家や昭和音楽大卒のオペラ歌手など、地元ゆかりの芸術家らがまちの魅力を語っている。市民主催のイベントや劇団なども知ることができる。

 今回は、店などの情報に加え、新たなジャンルとして「私立学校」も追加。幼稚園から小中高、大学までを紹介している。

 ガイドブックは千円(税別)で、新百合ケ丘駅周辺の書店などで販売している。問い合わせは、同社電話044(959)3750。


シェアする