1. ホーム
  2. 経済
  3. 鉄道ファンに熱い冬 京急&相鉄が模型発売へ

鉄道ファンに熱い冬 京急&相鉄が模型発売へ

経済 神奈川新聞  2015年12月18日 16:17

「相鉄新7000系(新塗装)2両セット」
「相鉄新7000系(新塗装)2両セット」

 京急電鉄と相模鉄道は今月、両社の車両を縮小した鉄道模型を相次いで発売する。鉄道ファンの人気を集めることは必至。クリスマスプレゼントやお年玉に、いかが。

 26日から30日まで京急百貨店(横浜市港南区)で開かれる毎年恒例の「京急鉄道フェア」で、鉄道コレクション「京急700形(非冷房車)2両セット」(3千円)が発売される。当日並んででも購入するファンがいる人気商品で、今回は6千セット限定。

 1967年に登場した700形は通勤客の足として活躍。京急によると、特急電車のような華やかさはないものの2005年の引退まで沿線を支え続けた重要な車両という。

 商品は、初期に製造された高運転台と呼ばれる正面窓が小さいタイプの車両を、実物の150分の1のサイズで模型化したもの。わずか20両だったことから、「京急ファンにとってもコレクション性が高い」と担当者は話す。

 鉄道フェアでの発売は6作目。午前中に完売した年もあり、鉄道ファンをはじめ子どもへのプレゼントにも最適な京急グッズとして好評という。

 相鉄も、19日から鉄道コレクション「相鉄新7000系(新塗装)2両セット」(2800円)を発売する。

 7000系は1975年から製造された通勤型電車で、新7000系は前面のデザインと側面のカラーリングを変更してイメージアップを図ろうと86年から89年にかけて製造された。13日に相鉄線相模大塚駅構内で開いた撮影会・先行発売会には約1700人が詰め掛け、1600個売れたという。19日以降は期間を設けず、同海老名駅構内のグッズショップ「そうにゃん」などで発売する。


「京急700形(非冷房車)2両セット」
「京急700形(非冷房車)2両セット」

シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会