1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 津軽三味線の竹童さん公演 茅ケ崎で1月9日に

津軽三味線の竹童さん公演 茅ケ崎で1月9日に

カルチャー 神奈川新聞  2015年12月14日 10:15

茅ケ崎で新春演奏会を開く、津軽三味線の高橋竹童さん
茅ケ崎で新春演奏会を開く、津軽三味線の高橋竹童さん

 津軽三味線の第一人者だった初代高橋竹山さん(故人)の最後の内弟子として知られる高橋竹童さんの新春演奏会が1月9日午後2時から、茅ケ崎市民文化会館小ホールで開かれる。

 竹童さんは1970年に新潟で生まれ、9歳から津軽三味線を始め、19歳で竹山さんに師事。津軽三味線をはじめ胡弓(こきゅう)や琉球三線などもこなし、胡弓弾きとして「風の盆」にも参加している。

 叙情性あふれる演奏に定評があり、9日は津軽じょんがら節、津軽あいや節、胡弓による越中おわら節などを演奏する。一昨年の新春に茅ケ崎で行った演奏会が好評で、アンケートで再公演を望む声が7割を占めたことから、主催者は「隔年で(竹童さんの)新春演奏会を定着させたい」と話している。

 全席指定で3500円。予約・問い合わせは、主催のサウンドポート電話045(243)9999、または同会館電話0467(85)1123。


シェアする