1. ホーム
  2. 話題
  3. 最古の甘柿でワイン 猛暑で生産量が減少

最古の甘柿でワイン 猛暑で生産量が減少

話題 神奈川新聞  2015年12月12日 10:53

2015年産の禅寺丸柿ワインをPRする柿生禅寺丸柿保存会のメンバーら
2015年産の禅寺丸柿ワインをPRする柿生禅寺丸柿保存会のメンバーら

 日本最古の甘柿とされる、川崎市麻生区の禅寺丸柿を使った2015年産ワインが14日から販売される。製造している柿生禅寺丸柿保存会は「今年は本数が減ってしまったが、味は変わらず上出来。ぜひ試してみて」と話している。

 同会はJAセレサ川崎の協力を得て、1997年からワインを販売している。720ミリリットルのボトル1本で、約1キロ(15個前後)の柿を使うという。気温が高いと実が落ちてしまうため、猛暑日が続いた今年は収穫量が減少。昨年より700本少ない4800本が完成した。

 同会は「一般的な柿と比べて甘みが強く、ワインにして飲んでもおいしい。いろいろな料理にも合う」とPRしている。

 ワインは、宮前区と麻生区にあるJAセレサ川崎の大型農産物直売所「セレサモス」などで販売される。1本1470円。

 問い合わせは、セレサモス麻生店電話044(989)5311。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会