1. ホーム
  2. 社会
  3. 藤沢の川に薬品流出 東電、炎症起こす可能性も

藤沢の川に薬品流出 東電、炎症起こす可能性も

社会 神奈川新聞  2015年12月12日 02:00

 東京電力神奈川総支社によると、11日午後0時50分ごろ、藤沢市藤沢1丁目の藤沢橋周辺から、送電線の補修作業用の充填(じゅうてん)剤と接着剤の入った容器計80個が境川に流された。同日夜までに57個を回収したが、うち接着剤の容器一つが破損し、少なくとも約500グラムが流出した可能性があるという。

 同総支社によると、充填剤はウレタンプレポリマー、接着剤はポリエーテルポリオールで、ともに皮膚や目などに入ると炎症を起こす可能性があるという。


シェアする