1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 要綱で「会議」は違法 茅ケ崎市監査委が判断

要綱で「会議」は違法 茅ケ崎市監査委が判断

政治行政 神奈川新聞  2015年12月12日 02:00

 茅ケ崎市監査委員は11日、市が要綱で設置した「国道134号沿線の活性化に関する有識者会議」について、本来は条例に基づく設置が必要で地方自治法に違反するとの監査結果を公表した。委員への報償費計40万円の支払いも手続き上は違法な公金支出としたが、役務の対価としては適正と判断し、服部信明市長へ損害賠償を求めた住民監査請求は棄却した。

 監査委によると、市は意見聴取の場として同会議を設置した。だが、実際には各委員の合議で調査や審議を重ね、8月に「有識者会議まとめ」を市に提出。市は11月、まとめに基づく「国道134号沿線の活性化に関する基本方針」を策定した。

 監査委は一連の行為と経緯から、同会議を条例設置が必要な付属機関に該当する組織体と判断した。ただ、報償費については、仮に条例で設置されていても報酬として支出されるため、市に実質的な損害はないとした。

 同会議は委員8人で構成。計8回の会議を開き、委員には1回の出席に対し1万円を支出していた。監査結果を受け、市は要綱で設置している他の11機関についても精査し、必要に応じて適正な措置を図る方針。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕