1. ホーム
  2. 社会
  3. その名も「ハマ弁」 生徒による投票で決定

その名も「ハマ弁」 生徒による投票で決定

社会 神奈川新聞  2015年12月10日 03:00

 横浜市は9日、2016年度中に全市立中学校での導入を目指す横浜型配達弁当の正式名称を「ハマ弁」とすることを明らかにした。最終候補6点から生徒による投票で選ばれた。

 市教育委員会によると、投票は11月23日から12月6日まで、市立中の全生徒約8万人を対象にインターネットやはがきで実施。回答計471票のうち「ハマ弁」が最多の230票(48・8%)を集めた。

 そのほかの投票結果は、エブリ弁(129票)、YYランチ(43票)、はまランチ(36票)、はまっ子ランチ(28票)、ヨコ弁(5票)。最終候補も生徒から事前公募した。

 この日開かれた市会本会議で、岡田優子教育長は「名称がより多くの中学生に親しまれるよう周知していく」と話した。


シェアする