1. ホーム
  2. 話題
  3. 赤レンガ、クリスマスムード一色 高さ10メートルのツリーも

赤レンガ、クリスマスムード一色 高さ10メートルのツリーも

話題 神奈川新聞  2015年12月08日 03:00

クリスマスマーケットを開催中の横浜赤レンガ倉庫=横浜市中区
クリスマスマーケットを開催中の横浜赤レンガ倉庫=横浜市中区

 横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)で、恒例の「クリスマスマーケット」が開催されている。クリスマスの装飾品などを販売する本場ドイツのマーケットを再現した企画で今年で6年目。高さ10メートルのツリーも登場、夜にはライトアップが行われ、クリスマスムード一色となっている。25日まで。

 ツリー前には、2人で鳴らすと願いがかなうといわれている「幸せの鐘」を設置。来場者が次々に鐘を鳴らしたり、写真撮影を楽しんだりしている。

 今回初めてドイツの老舗ぬいぐるみブランド・シュタイフ社と連携。館内には同社のテディベアと一緒に撮影できるスポットも用意した。また、同社のぬいぐるみを使いキリスト生誕の場面を表現したドイツの伝統的ジオラマ「クリッペ」や、来場者が木の葉をかたどった紙に願いを記し、壁面に貼り付けていく「ベアウィッシュツリー」もお目見えした。

 期間中は「ヒュッテ」と呼ばれる屋台でソーセージやスープ、ホットワインなどを販売。11日と18日の午後7時からは、仕掛け花火を予定している。

 横浜赤レンガは「多彩なイベントを用意した。ここでしかできない体験をぜひ楽しんで」と話している。問い合わせは、横浜赤レンガ倉庫2号館電話045(227)2002。


シェアする