1. ホーム
  2. 戦争のある人生
  3. 戦争のある人生(5)満ち足りた大陸家族

満鉄の子ども
戦争のある人生(5)満ち足りた大陸家族

フォロー・シェアボタン

神奈川新聞  2005年11月27日公開  

 開成町に住む元英語教員の井上城司さん(79)の名は、生誕地、中国東北部吉林省の白城という地名から取られた。当時は白城子といった。日本の傀儡(かいらい)国家「満州国」の時代。「下の2文字を取ったのだけれど、城子だと女みたいだから威勢良く司(つかさど)るにしよう、と」。亡父に何度となく聞かされた由来を、井上さんは説明する。4人きょうだいはみな大陸で生まれた。

 父は南満州鉄道(満鉄)の鉄道マンだった。白城子では機関区(車両基地)の庶務を担当する内勤に移っていたが、大正の中ごろ15歳で渡満し、すすで真っ黒になって蒸気機関車の清掃、いわゆるカマ磨きから始めた現場たたき上げの人だった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする