1. ホーム
  2. 江ノ島電鉄
  3. ふんどしに恋文を 江ノ電がつり広告で掲示へ

ふんどしに恋文を 江ノ電がつり広告で掲示へ

江ノ島電鉄 神奈川新聞  2015年12月04日 03:00

電車内に掲出される告白ポスターのイメージ図(プラスチャーミング提供)
電車内に掲出される告白ポスターのイメージ図(プラスチャーミング提供)

 思いを寄せる男性宛ての告白文をふんどしに書き込み、電車内につり広告として掲示するユニークな企画「愛のふんどし告白電車」が来年2月、江ノ島電鉄で初めて行われる。今月20日まで、30字程度の告白文を女性限定で募集。文章の内容を吟味し、当選者40人を選ぶ。

 バレンタインデーの2月14日が、語呂合わせで「ふんどしの日」でもあることから、東京都内のふんどしメーカー「プラスチャーミング」が考案した。外国人や若者へふんどしの浸透を図るには江ノ電が最適として協力を依頼、江ノ電側も快諾した。

 越中ふんどしを現代風にアレンジした同社ブランド「SHAREFUN(しゃれふん)」を使用する。サイズは横103センチ、縦33センチで、色は幸せをイメージする黄色に統一。1月中旬には当選者を対象に告白文を手書きしてもらう機会を設け、2月8日から14日まで電車内に掲示する。

 また、ホワイトデーの3月14日(予定)には相手の男性から返事をもらい、同様に電車内に掲出する機会も設定する。

 「本気で愛の告白をしてもらう企画です。普段、告白の機会を逃している女性に活用してもらえれば」と同社の担当者。その一方で、「長年連れ添った妻から夫に、娘から父になど、感謝のメッセージでも構いません」としている。

 告白文の応募は、メールkokuhaku@ddle.jpか、ファクス03(5575)3809で。1行の短文でも可。ポスターになる際は、告白者も相手男性も名前だけの記載となる。問い合わせは、「ふんどし電車で告白して委員会」電話050(3591)4841。


シェアする