1. ホーム
  2. 社会
  3. 法人後見で先駆的成果 「よこはま成年後見 つばさ」

活動評価、認定NPO法人に
法人後見で先駆的成果 「よこはま成年後見 つばさ」

社会 神奈川新聞  2015年12月03日 10:54

鈴木さん(仮名=左)に外出計画を話す林田さん(中央)と篠崎さん =横浜市内の生活介護施設
鈴木さん(仮名=左)に外出計画を話す林田さん(中央)と篠崎さん =横浜市内の生活介護施設

 認知症や障害などで判断能力が不十分な人の権利を守ろうと、横浜市社会福祉職OBらでつくったNPO法人「よこはま成年後見 つばさ」(同市保土ケ谷区、須田幸隆理事長)が法人後見のモデルケースとなる成果を挙げている。2011年10月の設立以来、34件の法人後見を受任。1日には、法人後見関係では県内初、全国でも数少ない認定NPO法人になった。須田理事長は「さらに組織を整備し良質な成年後見業務を提供したい」としている。

 成年後見制度の後見人らは、親族、弁護士、司法書士、社会福祉士で約9割(14年度受任)を占めるが、担い手不足が深刻になっている。打開策として市民後見人も養成されているが、他人の財産と人生に責任を負う難しさ、支援体制や不祥事防止体制の問題を抱え、受任は進んでいない。市町村社会福祉協議会、NPO法人などによる法人後見の拡大が急務となっている。

 そうした中、「誰にも等しく権利擁護」を基本理念に掲げ、資力の乏しい人の支援や、介護や医療、住居の手続きといった身上監護を重視した法人後見に取り組んでいるのが「つばさ」だ。須田理事長をはじめ会員の中心は、市の福祉事務所などでソーシャルワーカーとしての豊富な経験を積んできた。「経験と相談力を生かし、本人に寄り添いながら、生活の質を向上させる後見業務を行いたい」。須田理事長の願いだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  8. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  9. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  10. 【写真特集】台風15号の被害状況