1. ホーム
  2. おかみさんレシピ
  3. タイちり鍋とうろこの素揚げ

横須賀佐島 魚行商のおかみさんレシピ (71)
タイちり鍋とうろこの素揚げ

フォロー・シェアボタン

神奈川新聞  2005年11月27日公開  

冬本番、タイちり鍋で温まりましょう
冬本番、タイちり鍋で温まりましょう

 冬本番でお正月も近づいてきました。2週連続で、タイを使った料理を作ります。まずは、ちり鍋です。

 (1)タイのうろこを取って頭を落とし、三枚におろします。うろこは洗い、ペーパータオルで水気を拭き取ります。後で使いますので、取っておきましょう。

 (2)鍋に入る大きさにタイの背骨を折ります。細かくせず、大きめのサイズになるよう折ってください。

 (3)タイの頭、【2】の背骨を鍋に入れ、頭と背骨を覆うぐらい水を入れます。

 (4)ショウガと10センチ四方に切っただし昆布を鍋に入れ、火にかけます。

 (5)【4】が沸騰したら、お玉であくを取ります。または、沸騰した汁を捨て、もう一度水とショウガを入れて火にかけても結構です。私は、あく取り派です。

 (6)40分煮たら大きめのボウルか鍋に目の細かいザルを入れ、煮汁ごとザルにあげます。【2】で骨を大きめに折ったのは、あらをあげやすくするためです。

 (7)【6】でとっただし汁に、豆腐、野菜、タイの切り身を入れ、ちり鍋としてお楽しみください。タイのだし汁は、湯豆腐やお吸い物、そうめんを入れるなど、さまざまな料理に使えます。湯豆腐や鍋の残り汁に卵と三つ葉を入れ、雑炊でも楽しめます。寒い冬にはもってこいです。 さて、取っておいたうろこは180~190度の油にできるだけバラバラにして入れてください。手早く揚げ、昆布茶の粉を少しかけます。とてもきれいで、パリパリとした不思議な食感ですよ。


タイのイラスト
タイのイラスト

<レシピ =福本 育代>
<イラスト=福本 倖子>


シェアする