1. ホーム
  2. 話題
  3. 仲間と夢語る場に 市ケ尾中学校が来年30周年

美術部員が校歌テーマに洗面所改装 
仲間と夢語る場に 市ケ尾中学校が来年30周年

話題 神奈川新聞  2015年12月01日 10:10

校歌に出てくる四つの言葉をテーマに、美術部員らがガラスタイルのアート作品や塗装で彩った洗面所 =市立市ケ尾中
校歌に出てくる四つの言葉をテーマに、美術部員らがガラスタイルのアート作品や塗装で彩った洗面所 =市立市ケ尾中

 来年創立30周年を迎える横浜市立市ケ尾中学校(同市青葉区)の美術部員らが、記念事業の一環として洗面所の改装に取り組んだ。地元のNPO法人や塗装業者と協力し、校歌に織り込まれた言葉をテーマに、4カ所の洗面所をガラスタイルなどで彩った。 

 同校は1986年4月に開校。記念事業とキャリア教育の一環として、美術部員16人と、学校のトイレをアートで彩る活動を展開する同区のNPO法人「AS輪組(あすわぐみ)」、塗装業者によるボランティア団体「塗魂(とうこん)ペインターズ」が協力し、2階と3階の男女の洗面所を改修した。

 美術部員のアイデアで、校歌に使われている四つの言葉をテーマに4カ所の洗面所を改修。「仲間」をテーマにした洗面所は青、「いのち」はオレンジ、「夢」は紫、「清(さや)か」は緑と、それぞれの言葉のイメージに合った色で統一した。

 これまで洗面所には鏡がなかったため、大小の鏡と23ミリ四方のガラスタイル約3千個を組み合わせた縦90センチ×横180センチのアート作品4種類を2日間かけて作製し、洗面所前に取り付けた。トイレ周辺の廊下の壁も、テーマに沿った色のペンキで塗り上げた。

 美術部長で2年の岡本暉子(てるこ)さん(14)は「学校に長く残るものを記念の年に作ることができてうれしい。デザインや塗装のプロと一緒に作業したことも勉強になった」と話していた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ダム緊急放流、水位調節は実施されず 国交省、対応調査へ

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】記録的豪雨の箱根、被害甚大 芦ノ湖が増水

  4. 【台風19号】のり面崩壊、PAにも被害 西湘バイパス

  5. 電通局長を現行犯逮捕 ラグビー観戦後、警備員殴った容疑

  6. 【台風19号】箱根、深い爪痕 続く運休、芦ノ湖水位上昇

  7. ハマスタで長男投げつけた阪神ファン、書類送検

  8. 【台風19号】川に転落の男性、遺体で発見

  9. 【台風19号】浸水、水没、横転… 相模川沿岸、被害多発

  10. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ