1. ホーム
  2. 話題
  3. “冬の贈り物”出荷シーズン 川崎でシクラメン直売

“冬の贈り物”出荷シーズン 川崎でシクラメン直売

話題 神奈川新聞  2015年12月01日 03:00

直売が始まった色鮮やかなシクラメン=田中園芸
直売が始まった色鮮やかなシクラメン=田中園芸

 お歳暮など冬の贈り物として人気のシクラメンが出荷シーズンを迎え、川崎市中原区下小田中の「田中園芸」で直売が始まっている。ピンクや赤、紫といった定番色からグラデーションのものなど約60種類がビニールハウスで栽培されており、約3千鉢が販売される。

 同園芸のシクラメンは市場には出荷せず、直売のみ。贈り物として郵送する場合も、9割ほどが直接訪れて選んでいくという。

 戦後に父が始めたシクラメン栽培を約30年続けている同園芸の田中修さん(51)は「今年はお盆明けに涼しい日が続いたため、葉も花も多く出来が良い」と自信を見せている。

 午前9時~午後5時。中心価格は4100円で、例年は年内いっぱいで売り切れる。問い合わせは、同園芸電話090(4006)8839。


シェアする