1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 手当不正受給で処分 厚木、職員を減給

手当不正受給で処分 厚木、職員を減給

政治行政 神奈川新聞  2015年11月28日 03:00

 厚木市は27日、通勤手当と住宅手当を不正受給した道路部道路用地課の男性副主幹(47)を減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、副主幹は2004年4月から今年11月までの間、自動車で通勤していたにもかかわらず、電車通勤と虚偽の申請をして通勤手当の差額約8万円を不正に受け取った。また06年2月に市外の賃貸アパートから近くに持ち家を建設して転居しながら、住宅手当の変更を怠って今年11月まで差額分の約186万円を不正に受領した。

 不正受給は匿名の通報で発覚。副主幹は全額返還に応じているという。


シェアする