1. ホーム
  2. 経済
  3. 富士通、パイオニア本社跡に 川崎・新川崎地区

富士通、パイオニア本社跡に 川崎・新川崎地区

経済 神奈川新聞  2015年11月20日 12:44

 パイオニア(川崎市幸区新小倉)が不動産デベロッパーのヒューリック(東京都中央区)に売却する本社土地・建物の新たな利用事業者として、2016年度にも富士通(東京都港区)が入居することが19日分かった。同社は「長期的な活用を見込んでいる」として、人員規模や事業部門の検討を進めている。

 現在、パイオニアが本社を置く建物は地上6階建てで延べ床面積4万9800平方メートル、土地面積が2万7800平方メートル。就業人数は約1300人(11月上旬)。JR横須賀線新川崎駅徒歩15分の立地で、新川崎地区の再開発事業の一環で建てられた。周辺には企業や大学の研究施設などが集積している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする