1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 男子は松林、女子は西中原が優勝 県中学駅伝

男子は松林、女子は西中原が優勝 県中学駅伝

スポーツ 神奈川新聞  2015年11月08日 03:00

【県中学駅伝 男子】松林の3区・熊澤からたすきを受け取る安田=横浜八景島・海の公園周回コース(右)、【県中学駅伝 女子】ガッツポーズでゴールする西中原のアンカー茅野(左)
【県中学駅伝 男子】松林の3区・熊澤からたすきを受け取る安田=横浜八景島・海の公園周回コース(右)、【県中学駅伝 女子】ガッツポーズでゴールする西中原のアンカー茅野(左)

 第49回県中学校総合体育大会(県中学校体育連盟など主催、神奈川新聞社など後援)を締めくくる男子第37回、女子第30回の県中学校駅伝競走大会が7日、横浜市金沢区の横浜八景島・海の公園周回コース(男子6区間19.95キロ、女子5区間12.48キロ)で男女それぞれ58校が参加して行われ、男子は松林が1時間2分37秒で6年ぶり3度目、女子は西中原が42分55秒で28年ぶり2度目の優勝を飾った。

 男子は成瀬の藤井陽向(3年)が3区で10分14秒、横須賀鴨居の長峯弘宇(3年)が5区で10分34秒、女子は茅ケ崎の宮下麗瑠(3年)が3区で6分44秒をマークし、それぞれ区間記録を更新した。

 優勝した2校は12月13日に山口県セミナーパークで開催される全国大会に出場する。また男女上位4校が11月29日に千葉県柏市の柏の葉公園で行われる関東大会に出場する。(晴れ、気温20度、湿度71%、東の風2.5メートル)

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする