1. ホーム
  2. 社会
  3. 市民らが避難経路を確認 三浦で津波避難訓練

市民らが避難経路を確認 三浦で津波避難訓練

社会 神奈川新聞  2015年11月08日 03:00

大津波警報の訓練放送を受け、外階段を上って団地の屋上に向かう住民=三浦市初声町入江
大津波警報の訓練放送を受け、外階段を上って団地の屋上に向かう住民=三浦市初声町入江

 防災行政無線や防災情報メールによる全市的な津波避難訓練が7日、三浦市で実施され、市民が高台に向かうなど避難経路を確認した。市総合防災訓練も初声小学校(初声町下宮田)で行われ、市民や関係機関合わせて約500人が参加し、大地震発生を想定した訓練に取り組んだ。

 海岸近くにある県営初声シーサイドタウンでは、津波避難ビルとして整備された5階建て団地に避難する訓練を実施。防災行政無線で「大津波警報が発表された」との放送を受け、住民約50人が外階段を上って次々と屋上に避難した。

 同団地では、東日本大震災以降、定期的に津波避難訓練に取り組んでいる。地域防災委員の川端美千代さん(49)は「訓練を繰り返し、避難ルートを再確認しておくことが大事」と話していた。団地の自治会を取りまとめる森下博さん(66)は「団地はお年寄りの入居が多く、どうやって高い場所に避難させるか」と今後の課題を挙げた。

 一方、市総合防災訓練では、市民が壁の下敷きとなったけが人の救出、自動体外式除細動器(AED)や消火器の取り扱い、避難所の設営などの訓練に参加。関係機関によるライフラインの復旧訓練も行われた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  2. 横須賀市内で5900軒停電

  3. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  4. 「裏横浜」にようこそ 10月にツアー、参加者募集

  5. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. 破天荒が4連覇 相模原でよさこいイベント 45チームが熱演

  8. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  9. 水没車引き上げ作業中に死亡 ワゴン車と乗用車に挟まれる

  10. 【台風15号】ボランティア活動開始 横浜の工業団地