1. ホーム
  2. 話題
  3. 製紙工場の震災復興を紹介 横浜で紙の魅力再発見シンポ

製紙工場の震災復興を紹介 横浜で紙の魅力再発見シンポ

話題 神奈川新聞  2015年11月08日 03:00

製紙に込めた思いや紙文化の継承について意見交換したシンポジウム=横浜市中央図書館
製紙に込めた思いや紙文化の継承について意見交換したシンポジウム=横浜市中央図書館

 紙の魅力を再発見してもらう「紙つなげ! フォーラム」が7日、横浜市西区の市中央図書館で開かれた。東日本大震災で被災した日本製紙石巻工場の復興を描いたノンフィクション「紙つなげ!」の著者でフリーライターの佐々涼子さんらを招いたシンポジウムなどが行われた。神奈川新聞社の主催で、創業125周年記念事業の一環。

 シンポでは、佐々さんが被災地での取材経験などを踏まえ、「被災時には情報も重要なライフライン。毎日自宅に配達される新聞のありがたさをあらためて感じた」と指摘。日本製紙専務執行役員の佐藤信一さんは、「新聞が家庭に届かないことはあってはならない」との思いから被災した宮城県内の新聞用紙製造工場を1カ月で再稼働にこぎ着けたエピソードを紹介した。佐々さんは「多くの人がつなげてきた紙の文化を、自分たちが次世代に継承しなければ」と訴えた。

 また、学習塾などを経営する「理究」が展開している「ことばの学校」事務局責任者の須藤孝行さんと静岡サレジオ小学校(静岡市)の末吉弘治校長が、子どもを読書好きにして学力向上も図る小学校での実践などについて意見交換。神奈川大のステファン・ブッヘンベルゲル准教授は「欧米における日本のイメージ」と題して講演した。

 会場では、海外で日本語を学ぶ人たちに書籍を贈る同大の「本の架け橋プロジェクト」向けの帯づくり体験や、ことばの学校が勧める「速聴読」体験、日本製紙による紙づくりの工程紹介コーナーも設けられ、来場者の興味を引いていた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕

  2. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  3. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  4. 東海道線で人身事故、1人死亡 大磯駅

  5. 【台風19号】山北の給水車問題 黒岩知事が陳謝

  6. 【台風19号】日産スタジアムの遊水地 過去3位貯水量に

  7. 「ばれなければ大丈夫…」 男子高校生買春で小学校長逮捕

  8. 性行為を生中継 出演者募った男を逮捕

  9. ベイ、ドラフト1位に桐蔭・森敬斗 2位は立命大・坂本

  10. 【台風19号】箱根の鉄道、道路寸断続く 秋の観光に打撃