1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 東海大が5年ぶりV 大学野球・関東地区選手権

東海大が5年ぶりV 大学野球・関東地区選手権

スポーツ 神奈川新聞  2015年11月07日 03:00

5年ぶりに優勝し、胴上げされる東海大・横井監督=横浜スタジアム
5年ぶりに優勝し、胴上げされる東海大・横井監督=横浜スタジアム

 明治神宮大会の予選を兼ねた大学野球の横浜市長杯争奪第11回関東地区選手権大会最終日は6日、横浜スタジアムで決勝を行い、東海大(首都1位)が10-2で上武大(関甲新1位)を下して、5年ぶり2度目の優勝を飾った。

 東海大は12安打10得点と打線が爆発し、4投手の継投で上武大打線を2得点に抑えて大勝した。

 これで第46回明治神宮野球大会(13日から6日間・神宮)の大学の部の出場チームが出そろい、組み合わせが決まった。

 東海大(関東1)は初戦で環太平洋大(中国・四国)-天理大(関西1)の勝者と対戦。ドラフトで巨人2位指名の重信外野手が打線をけん引する早大(東京六大学)は愛知大(愛知・東海・北陸)と顔を合わせる。巨人1位指名の桜井投手を擁する立命大(関西2)と東北福祉大(東北)は1回戦の好カード。

◇◇◇

(第46回明治神宮野球大会組み合わせ表は、7日の神奈川新聞のスポーツ面(11面)をご覧ください。カナロコスポーツ会員以上の方は電子ビューアーでご覧いただけます。)


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会