1. ホーム
  2. 話題
  3. 「世界に笑顔を」衣類募る 横浜、川崎の商業施設

「世界に笑顔を」衣類募る 横浜、川崎の商業施設

話題 神奈川新聞  2015年11月05日 03:00

 内戦などで国を追われた難民や自然災害の被災者に贈る衣類を集める企画が7日、県内複数の商業施設で行われる。集められた衣類の発送などを担う日本救援衣料センター(大阪市)によると、ミャンマーの水害被災者ほかシリア難民に届けられる可能性もあるという。

 「衣料支援プロジェクト あなたの服で世界に笑顔を」と題し、三井不動産グループが2008年から取り組む企画。ショッピングセンターなどで集めた衣料を、同センター経由で困窮した人たちに届けている。昨年までに13回を重ね、市民延べ約5万人から寄贈された衣料は270トンに上った。

 新品か洗濯済みのシミや傷のない毛布やジーンズ、セーター、トレーナー、シャツ類が対象。下着や靴下、シーツ、タオルは新品に限る。スカートなど受け付けていないものもある。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする