1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 伝統「ハマ展」始まる 15日まで、市民ギャラリー

伝統「ハマ展」始まる 15日まで、市民ギャラリー

カルチャー 神奈川新聞  2015年11月05日 03:00

多様な作品が並ぶ彫刻立体部の展示スペース=横浜市民ギャラリー
多様な作品が並ぶ彫刻立体部の展示スペース=横浜市民ギャラリー

 県内最大規模の美術公募展「第71回ハマ展」(横浜美術協会主催)が4日、横浜市民ギャラリー(同市西区)で始まった。15日まで。入場無料。

 同展は、同協会が創立された1919年に始まった「横浜美術展」が前身。戦争で中断したが、46年に再開し、市民に親しまれてきた。日本画家の故中島清之(きよし)さんやことし1月に亡くなった洋画家の江見絹子さん、現在も活躍中の写真家、常盤とよ子さんなど、横浜ゆかりの芸術家たちが出品していた歴史ある公募展だ。

 ことしは洋画、日本画、彫刻立体、写真の4部門で、617人による620点の力作を展示。彫刻立体部の竹村真理子副会長は「以前は彫刻というとブロンズや粘土で人体像を作るイメージだったが、最近は素材もモチーフも自由な発想の作品が多くなった」という。会場には異なる素材を組み合わせたり、カラフルに着色したりした彫刻作品が並ぶ。

 久保田晃二会長は「横浜は絵画人口が多い。画題や画風に偏りがなく、さまざまな作品が寄せられるのがハマ展の特徴」と話した。

 8日午後1~3時、各部門で会員による作品講評会を行う。申し込み不要。

 問い合わせは、同協会電話045(681)5158。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会