1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 県高校駅伝:男子、法政二が初優勝

県高校駅伝:男子、法政二が初優勝

スポーツ 神奈川新聞  2015年11月01日 03:00

 県高校駅伝競走大会(男子68回、女子32回)は31日、山北町の丹沢湖周回コース(男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロ)で男子79校、女子50校が参加して行われ、男子は法政二が2時間10分39秒で初優勝、女子は荏田が1時間9分42秒で3年連続12度目の頂点に立った。

 法政二は3区の橋本龍一(3年)が区間新の走りで5連覇を狙った藤沢翔陵を抜いてトップに立ち、5、6、7区も区間1位でリードを保った。荏田は1区の佐藤成葉(3年)が3位と出遅れたが、3区の安斉あゆ美(3年)が先頭をかわすと、4、5区は区間賞の力走で首位を譲らなかった。

 優勝した両校は、12月20日に京都市の西京極陸上競技場発着コースで行われる全国大会に出場する。男女6位までは、11月21日に千葉県旭市で行われる関東大会の出場権を獲得した。(曇り、気温15・0度、湿度65・4%、南西の風1・6メートル=午後1時現在)

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする