1. ホーム
  2. 経済
  3. 港と物流発展へ連携強化を訴え 横浜でシンポジウム

港と物流発展へ連携強化を訴え 横浜でシンポジウム

経済 神奈川新聞  2015年10月31日 10:04

港湾と物流の発展について意見交換した(左から)藤木会長、斎藤会長、石田会長 =はまぎんホールヴィアマーレ
港湾と物流の発展について意見交換した(左から)藤木会長、斎藤会長、石田会長 =はまぎんホールヴィアマーレ

 港と物流の発展について考える「港から未来をひらくシンポジウム」が30日、横浜・みなとみらい21地区のはまぎんホールヴィアマーレで開かれた。横浜、川崎、東京3港の振興協会長が一堂に会し、国際競争力を高めるための連携強化や、観光など地域振興への取り組みについて意見交換した。神奈川新聞社が創業125周年記念事業として主催した。

 パネルディスカッションでは、横浜港振興協会の藤木幸夫会長が「地方自治体が港湾を管理していることが問題」と指摘し、東アジアの大型港湾に対抗するため連携が必要と強調。東京都港湾振興協会の石田忠正会長(JR貨物会長)も「3港が力を合わせ、世界に負けない港湾に」と話した。

 観光や地域振興についても意見交換。川崎港振興協会の斎藤文夫会長は「みなと祭りなど市民に関心を持ってもらう努力を続けている」と述べ、観光船などの構想も披露した。

 日本ロジスティクスシステム協会JILS総合研究所の佐藤修司所長は「東アジアのナンバーワンを目指してほしい」とエールを送り、神奈川臨海鉄道の山内智会長も「太平洋に面したハブ港として活躍を」と港と鉄道の連携をアピールした。コーディネーターを務めた流通経済大の苦瀬博仁教授は、パネルディスカッションに先立ち「港からみたロジスティクスの過去と未来」と題し講演。輸送や情報の継ぎ目をなくす「シームレス化」による物流拠点としての発展とともに、防災拠点や交流拠点としての役割にも言及した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱