1. ホーム
  2. 経済
  3. 「世界の葉山牛に」 輸出力強化後押し TPPで小泉氏

「世界の葉山牛に」 輸出力強化後押し TPPで小泉氏

経済 神奈川新聞  2015年10月29日 03:00

「牛魂碑」に手を合わせる小泉進次郎自民党農林部会長=葉山町の新善光寺
「牛魂碑」に手を合わせる小泉進次郎自民党農林部会長=葉山町の新善光寺

 「葉山牛は世界の市場で戦える。輸出力の強化に向け後押ししたい」-。

 自民党の小泉進次郎農林部会長(衆院11区)は28日、葉山町の新善光寺で、食肉として解体された牛を弔う「牛供養」に参加。環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意を受けた地元産業のさらなる活性化に意欲を示した。

 境内の「牛魂碑」に手を合わせ、酪農関係者らと意見交換した小泉氏は「海外へ打って出るチャンス。生産量が少ないので希少価値を売りにし、ポイントを決めて売っていくことが必要」との道筋を提案。「飼育農家の努力により三浦半島のブランド牛として確立された。地方創生の活力にもなる」と、元内閣府政務官としての助言も忘れなかった。


シェアする