1. ホーム
  2. 経済
  3. “エコ発電”順調 開成町 小水力発電 半年で売電16万円超

“エコ発電”順調 開成町 小水力発電 半年で売電16万円超

経済 神奈川新聞  2015年10月29日 03:00

エコ発電する県内初のらせん型小水力発電=開成町金井島の「あじさい公園」脇の農水路
エコ発電する県内初のらせん型小水力発電=開成町金井島の「あじさい公園」脇の農水路

 4月に県内で初めて開成町が設置した、らせん型小水力発電の本年度上半期の発電量が約6430キロワットとなった。公園内の夜間照明灯5基で140・5キロワットを消費し、東京電力への売電量は4536キロワットで売電額は約16万6千円となり、順調に“エコ発電”を続けている。

 らせん型小水力発電は同町金井島の「あじさい公園」脇の農業用水路に設置。酒匂川水系の文命用水・武永田農業用水の豊富な流水をらせん型のスクリューで受けて主軸を回し発電する仕組みで、最大2・2キロワット時の発電能力がある。県企業庁の「市町村再生可能エネルギー導入支援事業」を活用し、総事業費約3500万円を投じた。

 4月から9月末までの上半期の実績をみると、改修工事(5月は8日間停止)や田んぼの土用干し(7月は13日間停止)など稼働日が少なかった月を含めて、月平均の発電量は1071・5キロワット、消費量は23・4キロワットで売電量は756キロワット、売電額は2万7760円だった。

 町企画政策課は、下半期の見通しについて、「農閑期となり水路の水量は4分の3に減水されるが、余水堰(ぜき)の調整などで月平均1300キロワットの発電で3万円強の売電が見込める。通年では想定の1万1千キロワットを上回るのではないか」と手応えを説明する。

 11月14日には、小田原市で開かれる市民・地域共同発電所全国フォーラムの現地視察も予定されている。


シェアする