1. ホーム
  2. 社会
  3. 箱根ロープウェイが30日一部再開 姥子~桃源台の区間

箱根ロープウェイが30日一部再開 姥子~桃源台の区間

社会 神奈川新聞  2015年10月27日 03:00

 箱根山(箱根町)の火山活動の活発化により全線で運休が続いている箱根ロープウェイは26日、一部区間で営業運転を再開すると発表した。再開は30日からで、立ち入り規制エリア外の姥子-桃源台駅間の約1・2キロ。

 悪天候などで安全が確保できない場合を除き、原則的に毎日運行する。ただし、点検・検査のため、第2・第4木曜は終日運休する。

 箱根ロープウェイは噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられた5月6日から全線運休が続いていた。警戒レベルはその後、さらに3(入山規制)に引き上げられたが、9月11日に2に引き下げられ、営業再開に向けてゴンドラなどのメンテナンスを進めていた。

 早雲山-姥子-桃源台駅間の代行バスは引き続き運行する。同社は「乗客の安全確保が最優先。少しの時間でも紅葉や富士山の眺望を楽しんでいただきたい」と話している。運行時間は午前9時45分から午後3時15分まで。運賃は片道730円(子ども370円)、往復1310円(同660円)。箱根フリーパスでも乗車できる。


シェアする