1. ホーム
  2. 話題
  3. 藤沢マイスターに滝沢さん ワインの品質保持に尽力

藤沢マイスターに滝沢さん ワインの品質保持に尽力

話題 神奈川新聞  2015年10月27日 03:00

完成した赤ワインの色合いや透明度をチェックする滝沢英昭さん
完成した赤ワインの色合いや透明度をチェックする滝沢英昭さん

 日本一のワイン生産量を誇るメルシャン藤沢工場(藤沢市城南)でワイン製造の責任者を務める滝沢英昭さん(49)=三浦市=が、優れた技能者を市内最高峰の匠(たくみ)として認定する「藤沢マイスター」に選ばれた。テイスティングのプロとして、ワインの品質保持や味の均一化に尽力してきた技能が評価された。

 滝沢さんは1984年、メルシャンの前身の三楽オーシャンに入社。一貫して藤沢工場に勤務し、この25年ほどはワイン製造に携わってきた。日本ソムリエ協会認定のワインアドバイザーの資格も有している。

 「天候などの諸条件でブドウの味は毎年変わる。でも、商品の味は常に一定でなければならず、そのために日々精進しています」と滝沢さん。過去には出来上がったワインの味に納得できず、造り替えを指示したこともあったという。

 今回の認定を機に、ワインの魅力を市民に伝える役割についても意欲を見せており、「私を育ててくれた藤沢への恩返しのため、ワインを通して元気を発信したい」と語った。

 マイスター制度は、ものづくりの文化を後世に継承するため2013年度に創設された。毎年度、有識者6人で構成する選考委員会で審査・認定しており、滝沢さんで7人目となった。

メルシャン藤沢工場 主に海外産のブドウを原料とするワイン製造を一手に担う同社の主力工場。ワイン生産量は神奈川県が全国1位で、2012年度の数値は2位の山梨県の倍近い3万9607キロリットル。同工場がその約95%を占めており、神奈川県をトップに押し上げる立役者となっている。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会