1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 昔に触れよう11月3日民家園まつり

昔に触れよう11月3日民家園まつり

カルチャー 神奈川新聞  2015年10月24日 12:01

あきる野座による子供歌舞伎の一場面
あきる野座による子供歌舞伎の一場面

 「昔」に触れる一日を-。生田緑地の川崎市立民家園(同市多摩区枡形)が、11月3日の文化の日に合わせ恒例の民家園まつりを開催する。当日は入園無料で、日本の伝統文化にまつわる多種多様な催しが開かれる。

 メーンとなるのは「秋川歌舞伎あきる野座」による農村歌舞伎(午後1時半開演)。江戸末期に建てられ、国指定重要有形民俗文化財に指定されている「旧船越の舞台」で行われ、子供歌舞伎を含め3演目が披露される。

 堂宮彫刻や市松人形など伝統技術の実演(午前10時半~午後3時、一部有料の体験あり)のほか、竹馬や輪投げなどの昔遊び(午前11時~正午、午後1~3時)、わら・竹細工、織物などの民技会作品頒布会(午前10時~午後2時半)などが予定されている。

 歌舞伎は大人千円、学生・子ども500円。当日券は午前10時から販売。問い合わせは、同園電話044(922)2181。


シェアする